未来が描けるノートづくり

デジタルデバイスやデジタルコンテンツが多用化していく世の中でも、今までと変わらず(むしろ選んで)使ってもらえるような将来性のある紙製ノートのアイデアの提案。
Facebookでの「いいね!」数や、ユーザーや企業との対応をはじめ、企画の独自性、実現可能性、プレゼン完成度で審査されます。皆さんの「いいね!」やコメントを期待します!


コンセプト・テーマ1位:近畿⼤学 廣⽥章光ゼミ

企業サイト:大阪書籍印刷株式会社

ページトップへ戻る